男の体臭の原因解説 体臭をなくしてより良く生活するには

この記事では【男性の体臭】について詳しく解説していきます。

体臭の悩みはさまざまな事情があるかと思います。

「運動後の匂いが気になる。」

「寝起きに不快な匂いを感じる。」

「娘に加齢臭がすると言われた。」

ニオイはファーストインプレッションでも実は重要なものの一つです。

体臭の原因・対策の知識を身につけていきましょう。

目次

体臭の種類は3つ

  1. 汗臭(ワキ臭)

汗臭は汗と皮脂と角質が混ざり合い、皮膚に元々すみついている菌(常在細菌)がそれを分解することで発生します。汗と皮脂と角質が混ざり合った物を栄養源とし、常在細菌はどんどん数を増やしていきます。数が増えることで分解する量も増えるのでニオイもより強くなっていきます。ニオイは酸っぱい匂いを放つのが特徴です。汗臭は20代前半から強くなることが多く、早い人は10代後半から発生すると言われています。

【臭う部位:わき】

  1. ミドル脂臭

ミドル脂臭の原因成分は「ジアセチル」と言われています。ジアセチルは汗から分泌される乳酸が皮膚に元々すみついている菌(常在細菌)のブドウ球菌に分解されることで発生します。ジアセチルが皮脂の中鎖脂肪酸と混じり合うことでミドル脂臭となってしまうのです。ミドル脂臭は、使い古した油の様な匂いが特徴です。そして、沸点が低いので微量でも強い匂いを放ってしまいます。ミドル脂臭は30代半ば〜50代半ばで最も強くなると言われています。

【臭う部位:うなじ、後頭部、頭頂部】

  1. 加齢臭

加齢臭はパルミトレイン酸という皮脂成分が空気中の酸素によって酸化することで発生します。それをノネナール(=加齢臭)と言います。年齢を重ねるごとに、皮脂に含まれるパルミトレイン酸は増加していくのです。加齢臭は油臭く青臭く枯れ草のようなカメムシのような独特な匂いをしているのが特徴です。他の体臭とは全く別物の匂いがします。加齢臭は50代半ばから強くなることが多く、早い人だと40代から強くなる場合もあります。

【臭う部位:胸、背中】

3つの体臭別の対策方法

  1. 汗臭

汗は元々無臭ですが皮脂や角質などが混ざり合い常在細菌に分解されることによって酸っぱい匂いを放ちます。つまり、常在細菌を最小限に保つことで汗臭と抑えることができます。常在細菌は皮膚に元々すみついている菌なので肌の乾燥や病気から守る役割があり全て無くすのは不可能と言えます。

対策として、朝シャワーで体を洗い流すことをオススメします。

寝ている間、菌が増殖してしまうので朝洗い流すことですっきりとした日常を送ることができます。

  1. ミドル脂臭

汗臭と同様で常在細菌と汗が混じり合うことで発生するニオイです。ミドル脂臭は汗臭とは違う点があり、汗の中の乳酸が原因で起こります。つまりミドル脂臭の対策は乳酸の発生を抑えることが重要です。乳酸が過剰に分泌される原因として運動不足による汗線の機能の低下があげられます。対策として、汗線の機能低下の予防としてウォーキングや半身浴などで汗を流すことで汗線の機能低下を抑えることができます。しかし、一気に汗をかくことは乳酸を過剰分泌させる原因となるのでジワジワ汗をかくことを意識することが大切です。

  1. 加齢臭

加齢臭は汗臭とミドル脂臭とは異なり汗と混じることで発生する匂いではありません。パルミトレイン酸という皮脂成分が酸化して発生するニオイです。過剰なストレスや過剰な運動などは活性酸素を発生させ酸化する原因を高めてしまします。

対策として、食事や生活習慣を見直すことがオススメです。ストレスをなるべく溜め込まない生活習慣や酸化を予防する食事を取ることで加齢臭を抑えることができます。

【加齢臭・ミドル脂臭】予防にオススメの食品

  • 抗酸化食品(ビタミンC、ビタミンE、カテキン)

 バナナ、グレープフルーツ、ゴマ、アボカド、ホウレンソウ

  • 腸内環境を整える食品

 納豆、ヨーグルト、ゴボウ、アスパラガス、ハチミツ

  • アルカリ性の食品

 梅干し、キノコ類、海藻

この三つの種類の食品を意識して食事を取ることで、内側からの予防をします。すでに悩んでいる方はこの食品を食べればすぐニオイが消える!なんてことはありませんが、日々の習慣が体臭を抑えていくにはとても重要です。

また、食品だけでなく体臭予防のサプリメントもあります。食品で習慣的に摂取することが難しい方はサプリメントで習慣的に体臭予防に必要な栄養分を体内に取り込むことがオススメです。

【加齢臭・ミドル脂臭】を引き起こしやすい食品

・肉類

・アルコール

・にんにく

・辛い食べ物

この食品を食べたら体臭が強くなるわけではなく、過剰に摂取してしまうと体臭に現れてしまいます。男性の方のほとんどは、肉類・アルコールが体臭を引き起こす原因と言われています。食事の習慣を見直し、引き起こしやすい食事から予防できる食事を心がけていきましょう。

体臭には汗臭・ミドル脂臭・加齢臭ではない要因の体臭の種類があります。

ストレス・疲労などによって汗腺の機能が低下し体臭に現れることがあります。日々の生活でストレスを抱え込まないよう意識することもとても重要です。たまには自分の体を労ってあげましょう。リラクゼーションサロンでリラックスや肌のお手入れをすることも体臭の予防に繋がります。

【オススメのリラクゼーション】

  • ボディエステ

肌のトリートメントを行うことで、肌を保湿させ清潔に保つことができます。

また、全身のスクラブを行うこともオススメです。年齢を重ねるとともに代謝が悪くなります。スクラブを行い新しい角質層に生まれ変わらせることでより清潔で菌の溜まりにくい肌に導いていきます。

  • ヘッドスパ

 頭皮や首元のシャンプーやトリートメントの洗いのこしで皮脂が体臭に変わる原因になります。しっかり洗い流すということも大切ですが、ヘッドスパで日々のストレス解消とともに頭皮のケアを行うことで体臭の予防・改善にアプローチできます。

体臭の予防・改善には内側からと外側からのケアを意識していきましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる