メンズの肌質診断 あなたの肌はどんな肌?

一昔前まで男性がスキンケアをするなんて考えられなかったかもしれません。しかし、今では『美容男子』という言葉と共に、ドラッグストアやデパートでもメンズの美容グッズコーナーができています。

美容、というと化粧を思い浮かべ、抵抗感がある男性も多いかと思いますが、美容は化粧だけではありません。化粧をしなくてもスキンケアは男女共通で必要なことです。環境の変化による紫外線の増加によって、肌へのダメージが昔よりも大きくなっています。

この記事では、男女の肌の違いや肌の種類について解説いたします。自分の肌の特徴を知り、肌のお手入れに役立ててください。

目次

男性肌と女性肌の違い

男女の肌について、大手化粧品会社が様々な調査を行っています。多くの調査結果から、男性は女性の肌より乾燥しやすいと言われています。さらに、髭剃りのダメージと紫外線が追い打ちをかけて、肌トラブルに悩む男性も少なくありません。

調査結果は傾向であり、一般論です。調査では肌質を測る指標として、皮脂量、水分蒸散量、水分量の3点を取り上げています。

肌質を見極める水分量と皮脂量とは

皮脂量、水分蒸散量、水分量の3点を比べたところ、皮脂量と水分蒸散量においては男性が女性の2倍以上、水分量においては男性は女性の半分以下という結果が出ています。肌の油分は、男性の肌の方が女性の肌よりも多いため、体感では乾燥しているように感じないかもしれません。しかし、実際の水分蒸散量(肌から水分が蒸発する量)は男性が女性の2倍以上で、水分が肌から逃げやすいことが分かります。

男性の肌は女性の肌に比べて、水分を留めておきにくく、乾燥しやすいと言えます。

各肌質の特徴

男性の肌は女性の肌に比べてデリケートであることが分かりました。では、肌質にはどのような種類があり、それぞれどんな特徴を持っているかみていきましょう。

乾燥肌

文字通り、乾燥しやすい肌を指します。肌の水分や潤いが不足している状態です。元々、肌には角質と呼ばれるバリア機能を果たす部分があり、肌の水分を外に逃さないように保っています。

以下の項目に当てはまる数が多ければ、乾燥肌かもしれません。

・お風呂やシャワーの後や洗顔後に、肌がつっぱる感じがする

・肌荒れしやすい

・肌を触った時にカサカサ、またはザラザラしている

・皮膚から白い粉が吹くことがある

・肌に透明感やハリがない

・洗顔で洗い流す時、熱めのお湯を使っている

・1日に2回以上洗顔する習慣がある

乾燥肌かなと思ったら、肌に油分と水分をバランス良く補うことが大切です。肌にうるおいを与える美容液を使用して保湿力を高めたり、美容成分が入っている化粧水を使ったりすると良いでしょう。

化粧水で水分を補っても乾燥肌の場合はすぐに水分が逃げてしまうため、白色ワセリンを表面に薄く塗っておく方法もあります。ワセリンの油で肌に膜ができ、水分の蒸散を防いでくれます。

脂性肌

脂性肌は別名オイリー肌とも言われます。脂性、オイリーという言葉からも分かるように、肌に含まれる皮脂量が多い肌質のことを指します。

乾燥肌とは違って、水分は多めで潤いはありますが、皮脂が多いためにニキビや吹き出物ができやすい特徴があります。

以下の項目に当てはまる数が多ければ、脂性肌かもしれません。

・顔全体がベタつきやすい

・鏡で顔を見た時、毛穴が目立っている

・顔によくニキビや吹き出物ができる

・Tゾーンがてかりやすい。

混合肌

乾燥肌の要素もあり、脂性肌の要素もあると感じた方は混合肌の可能性があります。「乾燥しているんだけれど、一部はオイリーでベタつく」というように複数の肌タイプが混在している肌を混合肌と呼びます。

日本人の女性は混合肌タイプが多いと言われていますが、男性にももちろん混合肌タイプの方がいます。頬や口周りなど部分的に乾燥しやすいのに、おでこや鼻などのTゾーンはてかっている、といった特徴があります。

普通肌

普通肌は別名ノーマルスキンと呼ばれます。普通という名前ですが、実は普通肌が一番肌にとっては理想的な状態なのです。

肌のキメが細かく、脂性肌のように毛穴が目立ちません。乾燥もせず保湿力もあるため、肌の見た目がつるつるとしています。透明感やツヤがあり、触ると弾力もあるのが特徴です。まさに皆が憧れる肌質です。

普通肌が理想的なのは、見た目だけではありません。肌に水分が保持されていて、刺激を受けにくい肌質になっています。女性の場合はメイク崩れが少なく、男性の場合は髭剃りの後、白い粉が拭いたり、カサカサになったりすることは少ないでしょう。

誰もが羨む普通肌にも注意しなければならない点があります。環境によって肌質が変化しやすいというデリケートさを持ち合わせています。季節の変わり目は気温や湿度によって、肌質も変化しやすいので、お手入れが難しく感じるかもしれません。

理想の肌を手に入れるリバースエイジングとは

肌質は人によって異なり、日々のお手入れは肌質によって変わります。美容業界では、ここ数年、アンチエイジングからリバースエイジングという手法に変わってきています。

アンチエイジングは化粧品やエステなどの施術で年齢よりも若く見せる手法です。一方、リバースエイジングは肌自体の年齢(肌年齢)を若返らせます。アンチエイジングでは表面だけしか整えられませんでしたが、リバースエイジングは肌の角質や細胞レベルまで変えることができるため、肌質が若返ると言われています。

見た目でいうと、アンチエイジングは老化しないように、年相応の美を追及するのに対し、リバースエイジングは年よりも肌が若い状態に再生できると考えても良いでしょう。

リバースエイジングでは、ヒトの幹細胞を使って体内の成体細胞に働きかけます。細胞を再生を手助けし、細胞が若返るという仕組みです。

スキンケアをしたい、した方がよいと感じている男性は年々増えています。スキンケアは肌に直接アプローチするため、非常に大切なものです。スキンケアを行う前に、自分の肌質を知って、適切なスキンケアが行えるようにしましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる