40代男性の肌荒れの原因・対策・自宅で出来る改善方法

この記事では【40代男性の肌荒れ】について詳しく解説していきます。

肌荒れの原因となる部分はどの年代も同じですが、年齢を重ねることよってさまざまな肌の悩みが出てきます。男性と女性の肌の違いを理解し、40代だからこそ今やるべきスキンケアを身につけましょう。

目次

40代になるとなぜ肌が荒れるのか

男性も女性も元々の肌を美しく保てる年齢は20代後半くらいまでと言われています。20代後半からエイジングのケアを推奨されているのはその理由に基づいているからです。30代から40代にかけて初期老化と呼ばれていて代謝が悪くなる事や、シミ・シワができやすくなります。代謝が悪くなることで肌のターンオーバーのサイクルが乱れ、肌荒れをどんどん加速させていきます。40代で気になり始めた今こそしっかりケアしていくべきです。実際の年齢に逆らうことはできませんが、いつまでも若々しい肌を維持したい、実際の年齢より若く見られたい、という欲望は努力によって誰もが得られる事です。

男性の肌の特徴

男性の肌に多くみられる特徴は女性に比べ肌の皮脂分泌量が多いです。

何故なら、男性は女性に比べ皮膚が分厚くキメが粗いです。そしてもともとキメが粗いことから、肌水分を保持する力となる細胞内のNMFの数も女性に比べ少ないと言えます。肌水分の保持ができなくなると肌内部は乾燥状態になり、肌内部は乾燥し肌表面はオイリーになってしまいます。つまり、乾燥肌の男性の多くは「自分は脂性肌だ」と勘違いしています。

肌荒れの原因とその対策

普段のお手入れ不足による汚れの蓄積

スキンケアを怠ることで、毛穴に汚れが蓄積し異常を感じた肌の細胞たちがびっくりして皮脂を出すのです。皮脂が過剰に分泌されると肌にベタつきを感じます。そして皮脂の多い肌には菌が繁殖しやすく炎症して腫れや痛みが生じることがあります。

【対策】

化粧水を肌にたっぷりと入れ込むことが大切です。また、クリームや乳液などはなるべく油分の少ないものにすることで、肌のベタつきを抑えるのもいいかもしれません。

また、おしぼりで顔を無意識に拭いてはいませんか?おしぼりは除菌作用のあるエタノールが含まれています。エタノールがついた肌に陽を浴びることは、表現するとすれば油を火に熱している様なものです。また、タオルのごわつきで肌を傷つけてしまいます。おしぼりで顔を拭くのは肌にとって危険行為なのです。

紫外線によるバリア機能の低下

バリア機能とは肌の水分蒸発や異物の侵入を防ぐ機能です。

紫外線を浴びると肌表面から奥深部まで肌に悪影響を及ぼします。紫外線はメラノサイトを活性化させて肌をどんどん黒くしていきます。日焼けは軽い火傷状態です。

紫外線を浴びバリア機能が低下した肌は大切な水分が蒸発してしまい、うるおいのない肌になります。うるおいのない肌は異物が侵入しやすく炎症しやすいです。バリア機能が低下した肌に異物が侵入してしまうと、ニキビや吹き出物になり肌表面にひりつきを感じます。紫外線のこの二つの影響でゴワゴワ、ザラザラとした肌になってしまいます。

【対策】

バリア機能を守る対策として、男性の方でも日焼け止めを塗ることをオススメします。

日焼け止めは日焼けを防ぐだけでなく、紫外線から肌を守る役割があります。

日焼け止めの中でも、SPF20~SPF50がありますが日焼けが気にならない男性の方であればSPF20~30がオススメです。日焼け止めの成分には『紫外線吸収剤』が入っており肌にとって良い成分とは言えません。今では『紫外線吸収剤不使用』の製品もあるほど肌に優しい日焼け止めの需要が増えています。一生付き合っていく肌だからこそ、なるべく肌に優しい成分の日焼け止めを塗ることをオススメします。

40代男性肌荒れの改善方法

肌を改善するのに重要なのは水分と油分のバランスをしっかり取ることです。加齢と共に水分を蓄える機能や水分を作り出す機能が低下していくため、水分を与える工程が重要になります。

  1. クレンジングをする

男性の方がクレンジングをするイメージはなかなか有りませんがクレンジグは洗顔では落としきれない毛穴まで汚れを落としてくれます。日焼け止めは洗顔では落としきれませんし、日々生活している中でハウスダストやダニ、空気中のゴミなどが肌には付着しています。

毎日の汚れをしっかり落とし清潔に保つことが重要です。

クレンジングは手元と顔は水で濡らさずに乾いた状態で行うのが基本です。洗顔の前にクレンジングでしっかり汚れを落とすことで洗い上がりがとてもスッキリします。

クレンジングは、オイルタイプ・クリームタイプ・バームタイプと様々なタイプがありますが普段化粧をしない男性にはクリームタイプがオススメです。オイルが入っていないので洗浄力は少ない分、肌に優しいです。

  1. 肌に水分をたっぷり含ませるスキンケア法

肌に水分をたっぷり含ませるのに一番重要なのは、コットンを使用してスキンケアを行うことです。

  1. コットンを2枚重ねた状態で化粧水を裏表満遍なく染み込ませてください。
  2. 染み込ませたら、まずコットンの裏表を使って顔全体を拭き取ります。洗顔やシャンプーなどの残りが肌に付着していると肌荒れの原因になるからです。拭き取るときは顔の中心から外側を意識して拭き取るようにしてください。目蓋は他より皮膚が薄く敏感なので優しく拭き取るよう意識してください。首や耳の裏側は汚れが溜まりやすい部分なのでそこも拭き取るとなお良いです。補足ですが、首は年齢が出やすい場所なのでしっかりケアしましょう。
  3. 拭き取りが終わったら2枚重ねたコットンを剥がし、拭き取りに使った部分を内側に重ね合わせ綺麗な面のコットンが2枚重なった状態にしてください。この状態でコットンがパサパサしている場合は再度コットンに化粧水を含ませてください。
  4. コットンを人差し指と小指の間に挟みこみます。コットンをパンッと張らせます。そして今度は下から上に優しく叩くよう意識しながら化粧水を肌に叩き込みます。小鼻や頬など皮脂が出やすい場所は入念に化粧水を叩き込んでください。肌がひんやりと冷たくなったら水分が肌にしっかりと染み込んだ合図です。
  5. 顔全体に化粧水を叩き込んだ後は蒸発しないよう乳液やクリームで蓋をします。

オールインワンジェルを塗るのも良いです。

また、化粧水の後にキメやハリを整えてくれるビタミンC系の美容液を使うとよりキメ細やかな肌に導いていきます。

近年では「美容男子」というワードが出てくるほど美容に興味を持つ男性が増えています。男性用スキンケア商品や男性用エステサロンも増えつつあります。40代の今からでも自分磨きは遅くありません。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる