ガサガサからツルツルへ 男性の肌にあったケアの仕方とは

この記事では、肌ケアを怠ることによって起こるリスクと、その対処法をお伝えします。

男性でもつるつるのきれいな肌は周囲の印象をよりよくするものですが、いまだに肌ケアは女性だけのものと思われがちです。そこで、男性にとっても大切な、正しい肌ケアの知識を身に着けておきましょう。

目次

肌ケアを怠るとどうなる?

人の肌には雑菌や汚れ、紫外線から体を守る役割があり、表層の角質は外的刺激を遮断するとともに、肌の表面の常在菌はバリア機能を果たします。しかしこれらの機能が低下したりバランスが崩れてしまうとさまざまな肌トラブルの原因となります。

乾燥肌

男性の場合女性よりも皮脂が多いことからオイリー肌に悩むイメージがありますが、実際には相当数が乾燥肌の状態です。これは、オイリー肌も実は水分不足を補おうとして皮脂を分泌することが原因だからです。

このため、日頃の肌ケアを怠っていると肌の表面状態が悪くなり、水分の蒸散を防ぐ角層が機能しなくなり肌内部の水分を蒸発させてしまいます。こうして乾燥肌荒れの状態になると肌の機能が低下するため、うるおいを失い皮膚表面の細胞が十分につくられなくなることで乾燥が乾燥を加速させる負の連鎖が起こります。

シミ・くすみ

男性は女性よりも紫外線ケアを意識が低いにもかかわらず、紫外線を浴びる時間が長い傾向があります。そこで、紫外線対策としては日焼け止めを使うのがもっとも効果的ですが、これが苦手という男性は多く、かといって化粧水や乳液などで日頃からケアしている方も多くありません。これによりダメージが蓄積し、若いうちは皮膚の奥に眠っていたシミの元であるメラニンが、年齢を重ねるにつれシミやくすみとなって皮膚の表面に表れやすくなります。

毛穴の目立ち

正しい肌ケアをしていないことにより、毛穴が目立つ肌に悩む男性も少なくありません。白っぽい毛穴、黒ずんだ毛穴、たるみによる毛穴など気になる毛穴の種類はさまざまですが、その原因は過剰な皮脂分泌、乾燥、肌の老化など複合的です。

肌荒れ

男性の肌の悩みの中でも、もっとも多いのが肌の炎症である肌荒れです。その多くは男性特有のヒゲ剃りによるものがほとんどですが、最近ではコロナ禍におけるマスク着用による肌荒れや、花粉症など季節や環境により、肌が敏感になって起こることもあります。

男性がつるつるの肌を手に入れる習慣は

ここまでのような肌トラブルを未然に防ぐためには肌ケアというメンテナンスが欠かせません。その方法はさまざまですが、基本的には生活習慣を見直すことが肌ケアに結びつきます。

しっかりとした睡眠

睡眠中は成長ホルモンが分泌されることで肌の新陳代謝が促されます。このためツルツルの肌を保つためにはしっかりとした睡眠が必要です。また、睡眠はただ単に眠ればよいのではなく、その質とタイミングが重要になります。

成長ホルモンが分泌されやすい時間帯に睡眠をとる

成長ホルモンは、かつては夜22時~深夜2時頃に最も活発に分泌されると考えられていました。しかし最近では入眠後3~4時間が脳下垂体からより多くの成長ホルモンが分泌されるという説が有力になっています。

この成長ホルモンはターンオーバーによって肌を生まれ変わらせ、さらには肌のハリや、弾力を維持するために必要な皮下組織の水分量保つ働きも持っており、健康な肌を維持するためには不可欠な存在です。

よりよい睡眠をとる方法

入眠後3~4時間で成長ホルモンが分泌されるとはいえ、その睡眠は質のよいものでなければなりません。そこで人は体温が下がりつつある状態で眠気を感じることから、ベッドに入る2~3時間前に半身浴などで身体を温め、やや体温が下がってきたころに眠りにつくのがおすすめです。

しっかりとした運動と食事

生活習慣の中で睡眠同様に肌ケアにかかわるのは、運動と食事です。健康な肌を保つためにはしっかりとした運動と、栄養バランスのとれた食事が欠かせません。

筋力アップで成長ホルモンが増加

睡眠時に分泌される成長ホルモンは加齢とともに減少しますが、筋肉量を増加させることによってその分泌を補うことができます。このため、日頃からしっかりとした運動によって筋肉量を維持することは、肌ケアに効果的です。また、運動そのものも代謝の促進に効果的で、肌の新陳代謝によい影響をもたらします。

食事は栄養バランスを考慮

食生活が乱れると、肌荒れや肌の老化の原因となるため注意が必要です。特に男性は脂っこいものを好む傾向がありますが、こうした食事ばかりでは栄養が偏り肌荒れの原因となるほか、過剰な皮脂の分泌を招き、肌荒れやニキビを悪化させる可能性もあります。また、甘いものの食べ過ぎは体の糖化を招き、肌の老化を早める危険があります。このため、肌ケアのためには栄養バランスを考慮した食事を心がけることが大切です。

正しい方法で洗顔する

生活習慣のなかでも肌ケアに直接かかわるのが毎日の洗顔です。洗顔は優しく洗うことが大前提で、「ゴシゴシ洗い」はシミやシワといった肌トラブルの原因となるため禁物です。そこでついつい「ゴシゴシ洗い」なってしまう方は、正しい洗顔の方法を確認しておきましょう。

ぬるま湯を使う

正しい洗顔はまずぬるま湯を使うことが基本です。温度は高すぎると乾燥しやすくなり、低すぎると汚れが落ちにくくなります。このため、洗顔は30~32℃が適温です。

洗顔料は泡をつくる

洗顔料は、そのまま使うのではなくきちんと泡をつくります。こうすることで肌への摩擦を減らすことができます。目安としては1センチほど洗顔料を手に取り水分を加えながら逆さにしても落ちないくらいの泡を立てるのが適当です。

しっかりすすぐ

洗顔後のすすぎ残しはニキビなど肌トラブルの原因となります。また、洗顔後の保湿液などの浸透をよくするためにも、洗顔の仕上げとなるすすぎはしっかりと行うことが大切です。

毎日の肌ケアに リバースエイジングとは

ここまでのように男性の肌ケアは毎日のこまめなお手入れが欠かせません。一方で近年、肌ケアの領域では新たなトレンドともいえるリバースエイジングが注目を集めています。

リバースエイジングとは細胞を直接活性化する「ヒト幹細胞培養液」を活用することにより、肌のシワ・シミの改善、美白、段力アップ、ターンオーバーの短縮といった、さまざまな若返り効果を目指すものです。

このため、ヒト幹細胞培養液はスキンケアアイテムなどに配合され、美容意識の高い女性はもちろんのこと、肌ケアに関心の高い男性の間でも近年利用が広まっています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる