かっこいいおじさんになりたい 40代から始めるセルフケア

40代を過ぎて、外見が老化し始めたなぁと感じている男性もまだ諦めなくても大丈夫です。「かっこいいおじさん」を目指してケアを始めていきましょう。

この記事では、「かっこいいおじさん」の要素を分析し、どんな習慣を身につけたら良いかを解説いたします。思い立ったが吉日、本日からできることもありますので、参考にしてもらえると嬉しいです。

目次

かっこいいおじさんと言われる要素とは

10代、20代ならただ外見が良いだけでもてはやされます。また、見た目が良いのが好みだという女性の意見もあります。しかし、この意見には続きがあります。「見た目が良いのが好みだけれど、中身も伴っていないと嫌だ」、実はこのような意味なのです。特に、男性の年齢が上がれば上がるほど、外見よりも内面重視になる傾向があります。

外見、内面ともにどのような要素が「かっこいい」を作るのでしょうか。

話の引き出しがおおい

対面で話をしたときに、様々な話ができる人は素敵です。年齢が上がれば、その分、若い人よりも経験していることが多いはずなので、話のバリエーションが増えていきます。

自分の経験談、体験談を交えながら、面白おかしく話ができるのはおじさんならではの特権です。仕事やプライベート、趣味など語ることが豊富にあり、話の引き出しが多いと、女性は相手の話に引き込まれていきます。経験値が自分より高い人なら、色々相談してもアドバイスをもらえるかもしれない、と思い、頼もしく見えるでしょう。

ただし、注意点として、いくら経験が豊富でも相手に自分の意見を押し付けたり、自慢話ばかりをしたりすれば、逆効果です。「年上だからって偉そうに。」「説教するのはおじさんあるあるだ。」と思われてしまいます。

相手の話を聞いて、相手が興味を持ちそうな話題で話を広げていく、これが話の引き出しが多く、話上手な人だと言えます。

仕事がうまく行っている

40代ともなると、仕事では中堅以上、管理職についている人もいます。人の上に立って、まとめるような仕事をしている人は、どっしりと構えていて、多少のことでは動じません。発言もしっかりしていて、自信があるように見えます。

もし、管理職やリーダーなどの仕事をしていなくても、自分の仕事に誇りを持って、精一杯努力している人や自分の仕事が大好きでやりがいを感じている人などは輝いて見えます。

一方、40代男性で自分の仕事が好きでないという場合は非常に残念です。人生の大半の時間を費やしてきた仕事が嫌いで辞めたいけれど辞められない、愚痴ばかりこぼしているような人は男性としての器が小さく、頼りなく見えてしまいます。

余裕がある

女性がかっこいいと思う男性の上位要素に「余裕」があります。経験値や仕事がうまくいっているなど前述の要素が元になって醸し出される雰囲気は独特で、誰もが持っているものではありません。

10代〜30代まではがむしゃらに仕事をして、経済的にも時間的にも余裕がない生活を送っているかもしれません。しかし、年齢が上がるにつれ、仕事の実績や社会的地位も上がり、経済的にも精神的にも余裕が出てきます。

余裕がある自然と人に優しくできて、周りからもその姿が素敵に見えるのです。

清潔感がある

これまで内面について述べてきましたが、全ての要素が揃っていても外見に不潔感が漂っていては、かっこいいとは言えませんし、女性からは嫌がられてしまいます。

男女ともに「清潔感」があれば好感度が上がります。背が高いとか、目が切れ長だとか、部分的なかっこよさもあるに越したことはありませんが、やはり一番は「清潔感」です。

これまであまり気にしていなかった人はこれを機に清潔感のある外見を作っていきましょう。

かっこいいおじさんになるための習慣

かっこいいおじさんの要素が分かったら、次は実践練習です。実践して、習慣化することで自然とかっこいいおじさんの姿に変わっていきますよ。

体型を維持するボディメイク

外見の清潔さにプラスして、体型も整えれば完璧です。しかし、年齢が上がるがと代謝が悪くなり、運動しても痩せにくくなります。

そこで注目されているが「ボディメイク」です。ダイエットでは体重を減らすことに重点が置かれているため、本気でダイエットをしようとすると、運動と食事制限を行わなければなりません。リバウンドしたり、筋肉まで一緒に落ちたりして、体重は落ちても体型は理想通りにならないケースも多々あります。

一方、ボディメイクは一人一人にあった理想的な体づくりを行うことに重点が置かれています。体重を落とすことよりもボディラインを整えていく方法です。筋肉がついて基礎代謝が向上すれば脂肪が燃えやすくなります。一時的なダイエットよりも継続的に太りにくくする体質を手に入れることができるのです。

会話に余裕が生まれる趣味を作る

内面を充実させるためには、様々な経験値が必要です。今日何かをやって、明日には余裕が出ているなんてことはありません。日々の積み重ねがいずれ余裕を生みます。

仕事しかやってこなかったという男性も多いでしょう。話の引き出しを増やすためには仕事以外の話もできなければなりません。これからでも遅くはありません。気になったものをやってみる精神で様々ななことに挑戦してみてください。様々なことを行っているうちに自分のお気に入り(趣味)が見つかります。

例えば、気持ちの良い空気を吸いたいと思って、田舎体験をしたり、キャンプをしたりするのも良し、人生で初めて釣りをやってみた、というのも良いでしょう。何かに挑戦してみる、やってみるところから始めてみてください。

清潔感を生み出すフェイスケア

清潔感を出すためには、髪や髭を整えることはもちろん、肌のケアも行うと良いでしょう。洗顔して、化粧水、乳液をつける習慣をつけ、綺麗な肌を作っていきます。男女ともに肌が綺麗だと顔のトーンも明るくなり、より素敵に見えます。

フェイスケアのために リバースエイジングとは

フェイスケアを自分で行っただけでは老化に勝てないという男性には、リバースエイジングをおすすめします。アンチエイジングは皮膚や肌など外側からマッサージなどで、直接刺激を与え、たるみやしわを改善していく方法です。

リバースエイジングはその名の通り、細胞を再生して若返らせる方法です。ヒトの幹細胞を使って体内の成体細胞に置き換えることで、細胞を再生させます。細胞自体が若返れば、自然と肌も若返っていくという仕組みです。

かっこいいおじさんとは無縁だ、と思っていた人もまだ遅くはありません。自分ができそうなところから始めれば、素敵な外見と内面を手に入れることができます。人生100年時代、セルフケアは必須です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる