男の色気の作り方 魅力的な40代になるためには

40代になると、太りやすくなる、白髪が増える、肌にハリがなくなるなどの目に見える変化が出てきます。20代や30代の頃は「何もしなくても格好良くいられた」という男性も40代になると衰えを感じてくるかもしれません。

今回の記事では、魅力的な40代男性とはどのような特徴があるのか、どのようにして男の色気を作るのか、などについて解説いたします。

外見、内面ともに魅力のある40代をめざしましょう!

目次

男の色気とはどこから生まれる

年代によって男性の魅力は異なります。10代、20代は若さ、フレッシュさ、可愛らしさなどが求められますが、30代になると見た目の清潔感、仕事力、コミュニケーション力などが求められるようになります。そして、40代では見た目の清潔感だけではなく、色気がプラスされることでさらに魅力が増します。

  • 外見として表情の豊かさ

端正な顔立ちをしているだけでは男の色気は作れません。色気は内面から滲み出るものです。

顔(人相)はその人となりを表すと言われています。これまでに経験してきたこと、その経験から作られた性格が顔の表情となって表れます。若い頃には出せないような様々な表情が40代には出せます。この表情の豊かさが色気の一つと言えるでしょう。

  • 清潔感

表情の豊かさは大切ですが、ベースにあるのは清潔感です。髪がボサボサ、髭が整っていないという人が、様々な表情を見せたところで、不衛生、不潔感漂うといったマイナスのイメージしか持たれません。

年代、性別を問わず、やはり人前に出る時は清潔でいること、清潔感のある見た目をすることが大切です。

  • 内面的な思いやりや礼儀仕草

男の色気は外見だけでは足りません。前述の通り、表情は内面から醸し出されるものです。心が綺麗な人、思いやりがある人などはそれが表情となって表れます。

つまり、外見を磨くには内面を磨かなければ完璧にはならないということです。40代男性に求められる理想の内面とは、優しさ、思いやり、礼儀などです。40代になっても人に優しくできないひねくれ者、頑固者は人間関係を築いていくのが難しいでしょう。相手に対する思いやりや礼儀は仕事でも必要不可欠ですが、プライベートでも同様です。

  • 気持ちの余裕と自信

男性の場合、20代から仕事を始めて、30代は仕事に夢中になってがむしゃらに頑張ってきたという人も多いかもしれません。40代になると、ある人は管理職として部下の面倒をみているかもしれません。また、ある人は専門職を極めて、責任のある仕事を任されているかもしれません。

20〜30代に積み上げてきたキャリアが40代になって少し形になると、自信が出てくるでしょう。また、いい意味での仕事の手抜き加減も覚え、20〜30代の時に比べると、メリハリをつけた仕事ができるようになっているはずです。仕事に対して、気持ちの余裕も少し生まれるため、プライベートでも余裕と自信のある大人として、40代は魅力が出てきます。

男の色気の作り方

どのようなものが色気、魅力として表れるか、ということについて述べてきましたが、ここからは、実践です。男性の色気のベースとは何か、何から始めたら良いかを説明します。

清潔感にはまずフェイスケア

外見の清潔感は色気のベースとして欠かせません。肌が荒れていて、吹き出物がたくさんあるようではいくら色気を作っても台無しです。

まずは清潔感を保つことです。そのためのフェイスケアは欠かせません。フェイスケアは美容男子みたいで気が進まないという抵抗感のある男性もいるかもしれません。しかし、ここで言うフェイスケアは基本的なものでたった3ステップです。

フェイスケアの中で最も大事なのは洗顔です。泡立ちの良い石鹸や洗顔フォームを使って、てのひら全体で泡を立てます。手が直接、顔の皮膚に当たらないように優しく泡で顔を洗います。できればぬるま湯で洗うのが良いでしょう。

洗顔が終わったらすぐに行ってほしいのが化粧水をつけることです。化粧水は顔の水分を潤す働きがあります。洗顔後は乾燥しやすいので、化粧水で水分を補給します。

化粧水のあとは乳液をつけましょう。乳液は肌に膜を作るはたらきがあり、顔から蒸発する水分を肌に留めておけます。乳液は保湿の役割があるため、化粧水のあとには必ずつけるようにしましょう。

普段、洗顔しかしていないという男性にとってはこの3ステップでさえ、面倒に感じるかもしれません。その場合はオールインワン化粧水もあります。オールインワンなら、化粧水や乳液が1本にまとまっているため、洗顔後にオールインワンをつけて完了できます。

また、3ステップでは物足りない、という人には美容液もおすすめです。美容液は、年齢とともに気になるシミやシワ対策、保湿力のアップなど、化粧水と乳液では補えない美容成分を含んでいます。自分が気になる部分を補うものとして取り入れると、より良いでしょう。

リバースエイジングとは

自分で行うフェイスケアだけでは何か物足りない、全く肌質が改善しないと感じる人はリバースエイジングを行ってみるのもいいでしょう。

アンチエイジングは聞いたことがあるけれど、リバースエイジングは初めて聞く、という人も少なくないでしょう。今の美容業界で注目されている施術の一つです。

アンチエイジングは、肌を直接マッサージすることで肌に刺激を与え、元のハリを取り戻したり、機械を使って、肌のたるみを改善したりします。日々老化していく中で、施術を止めれば、元に戻ってしまうという欠点がありました。

一方、リバースエイジングは細胞レベルで若返ることを目指しています。ヒトの幹細胞を使って、培養したものを体内に入れます。元がヒトの細胞であるため、細胞との相性が良く、老化のスピードを遅くしたり、細胞自体を若くしたりできるのです。細胞レベルで生まれ変わることができれば、日頃のケアも楽になります。

男性の色気は外見、内面どちらも大切です。その中でも一番先に気をつけたいのが、すべてのベースとなる清潔感。フェイスケアを行っていなかった人はぜひこれを機に3ステップから始めてみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる