エイジングケアって何?いつまでも生き生きとした顔をつくるには

この記事ではいつまでも若々しくいられるためのエイジングケアの重要性ついて詳しく解説していきます。

目次

エイジングケアとは

加齢(エイジング)に応じたお手入れ(ケア)を行うことを言います。主に乾燥やシワなどのエイジングサインへのアプローチや肌の衰えの予防を行います。スキンケア商品やサプリメントなどが用いられます。

年齢を重ねることにより肌だけではなく様々な悩みが現れます。

・筋力低下

・肌のトラブル

・慢性的な疲れ

・毛量の減少

・活力の低下

・男性機能の低下 

こういった悩みは誰もがどうしても避けることができません。

これらは加齢に伴う体の老化が原因となっています。

原因として・・・

・紫外線などによる光老化

・あらゆる機能の低下

・体の酸化・糖化

・ホルモン分泌(テストステロン)の減少

が挙げられます。

肌のエイジングケアをいつからするべき?

肌は25〜30歳にかけて一気に肌老化をしていきます。エイジングケアは老化を予防するためのケアでもあるので25歳〜悩みに応じたエイジングケア商品を使用することをオススメします。人によっては20代前半から肌の衰えを感じる人もいますし、30歳まで肌の衰えを感じない人もいるので自身がエイジングサインを感じた瞬間からエイジングケアを行うと良いです。

エイジングサインとは

加齢(エイジング)による肌のちょっとした変化(サイン)のことを言います。シミやシワ、たるみ、あるいは肌トラブルなど様々あります。例えば、一般的に気付きやすいエイジングサインは乾燥です。乾燥を季節問わず感じることがあればそれはエイジングサインです。乾燥をそのまま放っておくと目の周りの小ジワやほうれい線、額のシワなどに変化していきます。毎日のスキンケアで肌の調子を管理し、いち早くエイジングサインに気づくことが大切です。

エイジングサインのチェックポイント

  1. シワ   額、目元、口周り、首にシワはないか?
  2. シミ   顔全体にシミはないか?色は濃くなってないか?
  3. たるみ  口角やフェイスラインは下がってないか?たるみで毛穴が開いていないか?
  4. くすみ  目の下や口周りが黒ずんでいないか?

【目の周り・口周り・首元・顔全体のシワ】

シワは、乾燥が原因で引き起こされます。目の周りのシワは老け顔の要因にもなり、活気がない印象を与えてしまいます。目の周りの皮膚は薄くとても敏感なので炎症や乾燥がしやすい部分です。そして、気候や湿度などによって肌全体は乾燥しますが、そもそも肌の保水力も年齢を重ねるごとに低下していきます。シワは水分を失った肌の表皮がしぼんでしまうことで発生します。放置していると徐々に真皮まで到達し深いシワへと変化していきます。

*シワのエイジングケア

まず重要なのがたっぷりと保湿をすることが大切です。顔全体の保湿はもちろんのことパーツごとの保湿も意識してケアを行いましょう。保湿成分の入ったスキンケア商品を使って化粧水をたっぷり入れ込みしっかりとクリームで閉じ込めます。目の周りは肌が敏感なので専用のアイクリームを使うことをオススメします。アイクリームは余計な刺激がなく肌をふっくらさせる成分が豊富です。なので、アイクリームではありますが、気になる方はほうれい線や眉間のシワにも使用できます。

【目の周りのくすみ】

目の周りのくすみは、刺激や眼精疲労が原因で引き起こされます。花粉や空気中の汚れなどによって目の周りが痒くなりかいてしまうことや、女性はクレンジングを行うときにアイメイクをゴシゴシと落としてしまうことが目に異常な刺激を与えることになります。そして、パソコンやスマートフォンなどを長時間利用することで瞬きの回数の減少やブルーライトを浴びることになるので眼精疲労が溜まってしまいます。眼精疲労が溜まると、目の周りの筋力低下と血流が悪くなり老廃物が滞った結果、目の周りがくすんでしまいます。

*目の周りくすみのエイジングケア

目の周りの血流をしっかり流し刺激を与えないことが重要です。首から下の皮膚に比べると顔全体の皮膚はとても敏感なので顔全体を極力触れないように意識することをオススメします。その上、目の周りは皮膚が他よりも薄いので洗顔やクレンジングの時や花粉で目が痒くなってもゴシゴシとしないように気をつけてください。血流をよくするにはマッサージが必要になりますが必要以上に力を加えてしまうと余計くすみの原因になるので自身でマッサージを行うことをあまりオススメはしません。なので、血流の良くなる目のツボを押すことをオススメします。睛明(せいめい)と呼ばれる目と鼻の間のツボを人差し指と親指で摘むようにゆっくりと押します。三回ほど繰り返して目がぱっちりしたら血流が良くなったサインです。これはいつでもどこでもできるので眼精疲労を感じたときに行なってください。

【フェイスラインのたるみ】

フェイスラインのたるみは筋力の衰え・肌成分を作り出す機能の低下が原因で引き起こされます。筋力の衰え・肌成分を作り出す機能の低下は、年齢を重ねることで必ず起こる避けられないものなので、よりスキンケア商品での改善が難しいものと言われています。肌の中にはエラスチンという弾力になるバネのようなものとコラーゲンというラケットの網のようにパンッと張ったものが存在します。エラスチンとコラーゲンの生成がうまくされなくなると弾力がなくハリのない皮膚になってしまいます。その上、頬の筋力が低下してしまうので弾力とハリが失われた肌が下に垂れ下がってしまうことになります。

*たるみのエイジングケア

肌密度(コラーゲンとエラスチン)をあげて頬の筋力をつけることが重要です。コラーゲンたっぷりの美容液を使うことやプロのエステティシャンの手でリフトアップのマッサージを受けることをオススメします。現在では自宅で顔にEMS波を当てれてリフトアップできる美顔器が様々出ているのでそういった商品を使うのもオススメです。

エイジングケアは、スキンケアだけではなく食事・睡眠・ストレス・運動を軸に成り立っています。スキンケアだけでなく普段の生活を豊かにすることで心も身体もお肌も健やかに過ごすことができます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる